田上病院耳より情報

2015年02月06日消火器の準備、点検はしていますか。 〜施設課〜

本格的に冬となりました。
冬は空気が乾燥し、火災がとても発生しやすくなります。
もしもの時のために消火器の準備はしていますか?
一般住宅に消火器の設置義務はありませんが、迅速な初期消火のために設置することをおすすめします。

消火器、消火具の種類

近年では、さまざまな種類の消火器、消火具があります。
それを大きく3つに分けて紹介します。

  • @業務用消火器
  • 設計標準使用期限は8〜10年(薬剤は5年を目処に詰め替え推奨)
    消火器の設置義務がある事業所の場合、消防法に則った定期点検が必要です

  • A住宅用消火器
  • 使用期限は5年
    一般住宅向けに製造されています
    メンテナンスフリーで操作、維持が比較的簡単

  • Bエアゾール式簡易消火具
  • 使用期限は3年
    手頃なスプレー缶タイプの消火具
    消火器ではないため消火範囲は大きくなく消火補助的な扱いになる

消火器の種類

消火器の点検項目

設置した消火器はいざという時に使用できるよう定期的に点検しましょう。
消火器に不備があった場合は決して使用せず、専門業者に処分の相談、依頼をしてください。(家庭ごみでの処分はできません)
以下に点検が必要な箇所を簡単にまとめてみました。

  • @消火器本体に変形や損傷、腐食がないか
  • A安全弁や安全弁の封は外れていないか
  • Bホースやノズルの外れはないか、老朽化や損傷、内部に詰まりはないか
  • Cキャップにネジ山の緩みや損傷、腐食はないか
  • D指示圧力計(蓄圧式消火器の場合)の針が緑の位置を指しているか
  • E消火器の使用期限を過ぎていないか(本体もしくは取説に記載)

消火器の点検項目

消火器は普段から使うものではありません。
だからこそ、いざという時に命や住宅を守るため、いつでも消火器が使えるよう
準備、点検をしておくことが重要です。
簡単な説明しかできませんでしたが、消火器についてもっと詳しく知りたい方は
これを機会に消火器について調べるのも面白いかもしれませんね。

消火器 点検の様子

このページのトップへ戻る

バックナンバー