田上病院耳より情報

2013年01月11日忘年会〜4階病棟〜

当院では、平成24年12月15日に忘年会が開催されました。

初めに開会の挨拶として院長より「暖心」についての話がありました。

「暖心とは、先代理事長が掲げ、常に暖かい心で患者様と接する事の大切さを説いた言葉です。医師・看護師・その他の様々な職種がいますが、それぞれが一人の人間として暖かい心を持った人であって欲しいという気持ちが込められており、来年もこの言葉を忘れず頑張って欲しい。」との話がありました。

その後は、恒例のジャンケン大会や各部署による余興で盛り上がりました。 各部署で、毎年その年を象徴する出来事や流行した歌などを取り入れたパフォーマンスを披露します。この練習によってチームワークが深まりスタッフ間のコミュニケーションも円滑になり、皆楽しんで取り組んでいます。

日頃言葉を交わす機会の少ないスタッフ間での交流も深まって、笑顔の絶えない楽しい忘年会となりました。

 

一年間の労をねぎらい、平成25年に向けての鋭気を養うことができました。

今年度も「暖心」という理念をもとに、患者様また地域の皆様に対し、豊かで暖かい心を持って接する気持ちを忘れず、職員一丸となって頑張っていこうと思います。

このページのトップへ戻る

バックナンバー