田上病院耳より情報

2011年01月20日防火研修と消防訓練〜施設課〜

年がかわり新春を迎えたとはいえ、まだまだ寒い日が続く毎日
何かと火を使うことが多い季節です。
しかし、火を使う上で一番怖いのが火災です。
病院の設備には、万が一火災が起きたときのために、消火器やスプリンクラー、
屋内消火栓など、色々な消防設備が設置してあります。
でも、万が一火災が起きたときに、何処にどんな消防設備があるのか、
意外と分からないものです。
田上病院では、火災のときに慌てなくてすむよう、消防設備についての研修や
職員による消防訓練などを実施して、日ごろから防火意識の向上に努めております。
今回は、そんな消防設備の研修と消防訓練の様子をご紹介致します。

消防設備研修の様子

写真:消防設備研修の様子

消防訓練の様子

写真:消防訓練の様子
田上病院では年2回、昼間と夜間を想定した消防訓練を実施しています。避難訓練や消火訓練を繰り返すことにより、一人ひとりの防火意識を高め、絶対に火を出さないということを心がけ、これからも防火講習や消防訓練を続けていきます。
このページのトップへ戻る

バックナンバー