田上病院耳より情報

2010年07月13日子宝草日記 〜放射線室〜

田上病院の放射線室では、色んな観葉植物を育てています。

今日は放射線室に新しく仲間入りした子宝草をご紹介します。

皆さんは、子宝草をご存知ですか?

子宝草は、別名をクローンコエやコダカラベンケイといい、ベンケイソウ科カランコエ属の多年草(多年にわたって生育し続ける植物)、多肉植物(肥厚した茎や葉の組織の一部または全体に多量の水分を含む植物。多くは乾燥地や塩分の多い地域に生育する。サボテン・トウダイグサ・ベンケイソウなど)です。

下の写真を見てもらったら分かる様に葉っぱの周りから小さな子供の葉っぱがぷにぷにと出てくる不思議でかわいい植物です。

この子宝草は、5月の末に放射線室職員の実家からやってきました。

ここで、おかあさん株をご紹介致します。じゃじゃ〜ん

どうです!!不思議でしょう!!

写真の子供葉っぱが、自然に下に落ちます。それをいただいて水に浸していると葉っぱから根がのびて、芽が出てきました。

鉢に土をいれて移し替えてあげると葉っぱが2枚ずつ対角線に生えてきました。

倒れそうになっていたので、支えをしてあげると徐々に真っすぐのびる様になりました。

液体肥料を薄めにして、水やりの時にあげました。するとすくすくと大きくなりました。

約1ヶ月が経ち注意深く見てみると、なんと!!なんと!!葉っぱから葉っぱが...


こんなに小さいのにがんばって仲間を増やそうとしています。自然のパワーってすごいですね。またの機会に続きをご報告できればと思います。

病院にお越しの際は、どうぞご覧ください。

田上病院 放射線室 一同
このページのトップへ戻る

バックナンバー