田上病院耳より情報

2010年01月21日糖尿病食の★手作りクリスマスデザート★〜栄養課〜

当院では、クリスマスに糖尿病食を食べている患者様に、人工甘味料を使った手作りのデザートを提供しています。 低カロリーのデザートで、毎年違うものを作っています。このデザートは試作を何度も繰り返し、事前に院長先生、総師長さんをはじめ給食委員会において試食を行い、様々な意見を反映させて完成させています。今回のクリスマスは『豆腐と南瓜のケーキ』に、メッセージカードを添えて提供しました。

おもに豆腐、南瓜、スキムミルク、人工甘味料を材料とし、煮溶かしたアガーと混ぜ合わせ、フライパンで焼き色をつけてから冷し固めています。低脂肪のホイップクリームを少量の人工甘味料であわ立てて絞り、彩りよくイチゴとキウイフルーツを飾りました。小麦粉と砂糖を使わずにケーキに似せた低カロリーのデザートに仕上げました。

華やかな仕上がりで、糖尿病食以外を提供している患者様からも、“美味しそう食べてみたい”との声が聞かれました。本番は、試作以上の出来ばえで、糖尿病食を提供している患者様には、“おいしかったよ”と喜んでいただきました。

『豆腐と南瓜のケーキ』

豆腐と南瓜のケーキ
【材料】 直径18cmのフライパン1ホール分・・・およそ620kcal

木綿豆腐          240g
南瓜            180g
アガー           18g
水             145cc
スキムミルク        6g
人工甘味料(液状)     36g
低脂肪ホイップクリーム   12cc
バニラエッセンス      少々

(デコレーション用)
低脂肪ホップクリーム    18g
人工甘味料(液状)     1.8g
イチゴ           3粒
キウイフルーツ       1/2個

【作り方】
  • サイコロ状に切った豆腐を茹で、水気をきっておく。
  • 皮をむいて小さく切った南瓜は、電子レンジで柔らかくなるまで加熱する。
  • アガーを乾いた鍋に入れ、分量の水を加え、ダマにならないように煮溶かす。
  • ミキサーに、3.の煮溶かしたアガーと、1.の豆腐、スキムミルク、人工甘味料、低脂肪ホイップクリーム、バニラエッセンスを入れ混ぜ合わせる。
  • 2.の南瓜を4.のミキサーに少しずつ入れ、均一になるまでミキサーをまわす。
  • 直径18cmのフライパンにクッキングシートを敷き、5.の生地を流し入れる。
  • 6.のフライパンを中火にかけ、蓋はせずにそのまま3分加熱し、さらに焼き色を付けるために極弱火にし20分焼く。
  • 程よく焼き色が付いたら火からおろし、あら熱をとり冷蔵庫で冷し固める。
  • 冷え固まったらフライパンから取り出し、クッキングシートを取り除き、お好みの大きさに切り分けデコレーションする。
このページのトップへ戻る

バックナンバー