田上病院耳より情報

2009年12月02日新人スタッフ紹介 〜3階病棟〜

今回は2009年度の我々3階内科病棟スタッフの紹介をさせていただきます。

当病棟は内科部長黒木先生、岡本師長を筆頭に看護師18名看護助手11名で日夜患者様の看護を担っています。定床53名おもに呼吸器患者、救急搬送患者の入院受け入れと、眼科の術前、術後の看護、循環器疾患、消化器疾患、脳神経疾患など幅広い患者様の看護を行っております。

又私たちは毎日「患者様やご家族のため今一番何が必要か」、「入院生活を快適に過ごしていただくためにはどうしたらいいか」等について午後のカンファレンスを利用して、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、管理栄養士等病院スタッフが意見を出し合いながら、日々患者様の看護ケアをしています。

そんな活気ある病棟に、今年度は3人の新しい看護師仲間をむかえました。 (新しいといってもそのうち2人は・・・いやいや新しいです。) 今回はその3人への質問を通して3階内科病棟の雰囲気をお伝えしようと思います。

★ Iさん 19才

就職してはや7カ月、なぜ看護師になろうと思ったのですか?
私は小さいころから人の役に立つ仕事をしたいと思っており、祖父母が病気入院したことをきっかけに祖父母のために何かしたいと思い看護師になりました。
看護師になってうれしかったこと(楽しかったこと)教えてください。
学生時代とは違い入院から退院まで全面的に患者さまを見て、元気に退院していく笑顔を見られたことや、患者さまからかけていただく「ありがとう」という一言がとてもうれしいです。
社会人と学生の違いは?
学生の時は先生方、友達の支えなどもあり自分の失敗などしたら自分だけの責任ではありませんでしたが、社会人になると1人の人間として責任感を持たないといけないという思いが強くなりました。
今後どのような看護師になりたいですか?
私はどんな悲しいことがあっても患者様の前では笑顔で優しい看護師でありたいです。

★ Sさん 40歳代 (気持ちは20代)

田上病院に勤務し始めてから、はや1年ですね。三階病棟の雰囲気を教えてください。
若い人が多い分活気があり、良い雰囲気だと思います
看護師になったきっかけを教えてください。
子供の時から思っていたので、実を言うと記憶が・・・・(笑)
主婦と看護師の両立は大変だと思いますが、何が一番大変ですか?
気持ちの切り替えかな?特に子供が小さかった頃は、病弱だったので職場にはかなり負担をかけたと思います。
先輩看護師として又人生の先輩として、後輩の看護師にアドバイスがあればお願いします。
う〜ん・・まだまだ若輩者ゆえアドバイスなんて?とてもとても・・・ 興味をもっても理解力と記憶力が落ちた感じになっているのが悲しい私からは、何にでも興味を示して吸収出来る若さがうらやましいだけ(笑)

★ Mさん 40歳代(気持ちはまだまだ10代)

三階病棟を色で例えると?
ピンクかな?理由は若い看護師も多く華やかな雰囲気があるということも大きいですが、それだけでなくピンクの色のもつ優しい雰囲気が病棟全体に行き渡っているって感じ?言いすぎたかな?(笑)
看護師になろうと思ったきっかけは?
私は、もともと若いときから看護師にあこがれていたわけではありません。違う仕事をしていてその仕事がハードだったため体調を崩して退職したのをきっかけに、やりがいがある仕事、自分が元気になれる仕事につきたいと思い看護師になろうと思いました。
未だ独身と聞いていますが何故?
様々な所に網を張っていたのですが、その網はすべて破れていて気付くと獲物が逃げていました。(笑)
最後に今後の看護師としての目標は?
生涯学習を目指し、後輩やヘルパーさんからも慕われる看護師でありたいです。

以上3階病棟スタッフのご紹介でした。

このページのトップへ戻る

バックナンバー