田上病院耳より情報バックナンバー

2008年02月29日2階病棟新人看護師のちょっと独り言

<20歳 I.Sさん>

 田上病院に就職して10ヶ月が経とうとしております。
初めは2階(外科病棟)に決まった時「外科は手術がいっぱいあるんだろうな、自分にできるのかな」と、不安でいっぱいでした。
そのような不安を抱きつつ、先輩ナースに指導を受けながら少しずつ仕事を覚えていきました。もう少しで1年が経とうとしているのに、まだまだ勉強不足な点が多く、もっともっと勉強していかなければいけないと痛感しております。
手術を受ける患者様には、手術前、手術中、手術後の看護が必要になってきます。また手術を受ける患者様の心のケアも大事です。
この患者様にとって大事な観察は何か、何で必要なのか、どうしたらよりよいケアができるかを考えられるようになってきました。しかし実際に仕事を行っていく中で業務は覚えてきましたが、まだ深い看護までは出来ていないように思えます。
これからも、たくさんの人に指導を受けながら、知識・技術を身につけて一人前の看護師になれるよう頑張っていきたいと思います。

<19歳 N.Nさん>

 田上病院に就職して1年が経とうとしております。
最初の頃は、解らない事だらけで戸惑いもあり患者様に接する事に不安もありました。
いざ現場にでてみると実習の時とは違い、薬品を扱ったり、検査や患者様の健康管理を行ったりと、看護学校を卒業したばかりの私にとってできるのだろうかと、自信がなくなる事もありました。
先輩方は、丁寧に教えて下さいましたし、私が行わなければならない業務やケア等でも「大丈夫?」と声をかけてきてくださったり、解らない内容は質問をすればきちんと答えてくれました。
こんな私に対して、ある患者様から「自信を無くさず、頑張って下さい」と声をかけられたこともありました。
今では自信をなくすまえに、今自分がやらなければならないことや、吸収しておかなければならない事をしっかりと考え、行動に移すようにしています。
また、この言葉を胸にこれからも頑張っていきたいと思います。

最新の耳より情報へ戻る